Neptunesci

Leggo my Science

ブランディングを構築するための3ステップとは

経営において差別化といったことがよく言われます。 現代のようにスピードが早い時代では差別化されていない商品やサービスはまっさきに買いたたかれてしまいます。 そのような時代では「価格」のみの勝負になってしまい、利益があがりづらくなってしまうのです。 そこで必要な戦略というのが差別化をするための戦略=ブランディング戦略になってきます。 ブランディングとはよく言われる言葉ですが、決してデザインを変更することではありません。ブランディングとはそのような表面的な広告戦略ではなく、経営全体に関わる問題なのです。

具体的に言えば「顧客の悩み、不満、イライラをどのように自社の強みを使って解決したらよいのか」というプロセスそのものです。 ブランディング手法とは大まかに言えば、以下のような3つのステップを経て完成します。 1 自社・顧客・競合の現状把握 ・自社の強みは何ですか? ・貴社の顧客はどんな不満、イライラ、悩みをもっていますか?その悩みの根拠はありますか? ・自社の競合はどこですか?同業他社だけでない競合(バーチャル競合)を意識できていますか? 2 自社の強み=提供価値に「見える化」する ・自社の強みが顧客に見えていますか? ・その強みは顧客にとっても強みといえますか? ・その強みは競合から見ても強みといえますか? ・顧客と競合別に提供価値を分類できていますか? ・提供価値を見える化させるために「ストーリー」を作ることができていますか? 3 コンタクトポイント=顧客との接点の検証 ・顧客との接点であるコンタクトポイントを整理できていますか? ・コンタクトポイントではストーリーが見えていますか? ・顧客にとってわかる言葉や表現になっていますか? これらの過程のプロセスの整合性をとることによってブランディングを構築することができます。 ブランディング戦略なしに経営を続けても、「価格競争」という不毛な競争を強いるばかりになります。 そんな競争から抜け出し、選ばれる企業になるためにもブランディング戦略が必要なのです。 http://www.corporate-branding.jp

There are no comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *